2006年 11月 08日 ( 1 )

撮影風景

ボクの身近にいる尊敬すべきカメラマンといえば瀧乃屋のマスターです。

5日(日)の嵐山時代祭りではやはりベテランぶりを発揮、さすが大御所です。
火縄銃や流鏑馬ではカメラマン席とも思えるほど絶好のカメラ位置を確保してました、
そのカメラ機材がすごいんです、ハッセルに400ミリですよ、それに35ミリも数台、、、
ほんとアマチュアなのって感じです(笑)
その存在感は多くのカメラマン達の中でも群を抜いておりました、、、
当然、ボクは絶好の被写体、カメラをマスターに向けておりました。。。
        ・
        ・
        ・
で、昨日、飲めない大木くんを伴いまして“瀧乃屋”へ
マスターの撮影しているところを撮った写真を持って行ってきました。
で、やっぱり写真は喜ばれるのが一番!、、、、、実感です(笑)
(大木くんウーロン茶いっぱい飲ませちゃってゴメン!!)

ボクのホームページでプロフィールの写真は友人の金子くんが撮ってくれたもの
撮られることが少ないんでけっこう有難いんですよねぇ~。。。。。
by souei-ad | 2006-11-08 19:28 | カメラ・写真 | Comments(0)