人気ブログランキング |
<< プレッシャー (07/03/05) 季節の変化 (07/03/01) >>

色合わせ (07/03/03)

本当の色ってあるの、、、

いまグラフィック・デザインはほとんどパソコン上での作業なんで4色の色分解とか
色の作り方なんて考えなくてもデザインが出来てしまいます。

いまから10年ちょっと前頃までのデザイナーはカラーチャートを見て頭の中で色を
想像してデザインしていました。色校の直しが高かったせいもあるけど、デザイナー
はしっかりカラーチャートをほぼ頭の中に入っていたんです。
デザインカンプに“バックY100%+M20%”“M70%+C100%文字白抜き”
なんて書き込んでいたデザイナーを「かっこいいなぁ」なんて職人芸を見ているように
関心しておりました(笑)

ボクもRGB(光の三原色)をCMYK(色の4原色)に独立後導入したドラム・スキャナー
で変換して元のデータをパソコンで修正しちゃってました、白い色をより白く、肌の色を
生き生きと、あと電線を消す(修正・合成) etc・・・よくやってました(笑)

色あわせって、広告会社(フォトグラファー)、グラフィック・デザイナー、印刷会社の
オペレーターの共同作業が基本なんです。それぞれ主観や機械の特性があります、
息の合った者同士、そんな感じですかね(笑)

いま、デジカメも風景モードやポートレートモード、それにメーカー各社それぞれ色が
違うし、パソコン上で簡単に補正できちゃう、、、

出したい色・欲しい色、、、それが本当の色なのかも。。。

(You データの色と刷色の問題があったね、、、)
a0087804_10545767.jpg
カラーチャート;CMYKの網点階調の変化と組合せによって印刷の表現可能な色調を
示します。

by souei-ad | 2007-03-03 11:11 | 広告 | Comments(0)
<< プレッシャー (07/03/05) 季節の変化 (07/03/01) >>