<< 一時停止違反(180214) ソーラー&きのこ栽培(180209) >>

きのこ農家を視察(180213)

父がなくなったのは9年前
それから少しづつ農業に携わって
なんとか“ハイハイ”から“よちよち歩き”
今はそんな感じでしょうか。

60歳を前にして
中野市の土地の活かし方を模索してます
アスパラの生産農家の仲間入りのときも
不安と葛藤といろんなことを感じました
これから何を生産していくか
路地生産は天候に作用されます
まず安定性を第一に考えると・・・
a0087804_15373759.jpg
中学の同級生T君はキノコの栽培農家です
何棟も並ぶ栽培棟を見せてもらいました。
a0087804_15394920.jpg
a0087804_15422673.jpg
ヒラタケの栽培ハウス
温度、湿度、光、同じキノコ栽培農家でも
同じ設定で同じものは作れないそうです。
a0087804_15445536.jpg
キノコ栽培で取った賞が壁にずらり
品質管理、日頃の努力がカタチに。
a0087804_16221812.jpg
井戸を掘って魚を飼ってます
中にはチョウザメも・・・。


36歳で会社を興して気がつけば24年目
尚、広告の楽しさと難しさを感じてますが
43年ぶりに再開した中学時代の友人は
難しいキノコ栽培のかたわらといえど
まだまだ夢の途中のようです。。。

[PR]
by souei-ad | 2018-02-13 16:00 | 農業 | Comments(0)
<< 一時停止違反(180214) ソーラー&きのこ栽培(180209) >>