カテゴリ:用語( 11 )

入稿 (08/09/11)

「イマドキッ」入校のにゅうこうは「入稿」が正しい、、、

9月8日のブログで「入校」の漢字、正解は「入稿」です
考えてみれば「入稿」は印刷用語なので馴染みがないかもしれません
この「入稿」の意味は
チラシやパンフレット、ポスターなどの印刷物の原稿を
とりあえず印刷所に入れることをいいいます、、、

入稿後、印刷所ではプリントやプルーフで色校正を出します
コンピューターの画面や各プリント機の色が統一されてないため
データを見るモニターやプリントする機種によって色にバラツキがでます
これを印刷ではこの色で出します...ということなんです
(ウチの場合OKIのレーザープリンターを色見本にしておりますが)
この時点では多少の変更(原則は色の変更)は効きますが
全て完璧(あるいは妥協...)これ以上修正、手は加えませんという状態で
原稿を渡し、後は印刷するのみ...のことを「校了」と言います、、、

校了の後で、直しを要求される...またまた印刷後にミスが...
なんてことはこの業界に携わっている人は何度か経験することなんです
ですから一番怖いのは
校了後と納品後のクライアントさんからの電話なんです(恐)
お礼の電話なんてことはまずありませんから(泣)。。。
[PR]
by souei-ad | 2008-09-11 15:55 | 用語 | Comments(0)

“Design”思いが伝わる (08/07/14)

Design、、、

コミュニケーションは言葉を含め記号(Sign)で成り立っています
“デザイン”は「De+Sign」と書きます
“デザイン”とはsign(記号)をde(外に出す)すること
何かの記号(sign)を表に出して表現することを意味します、、、

前にも書いたと思いますが
「デザインはいいけど使いづらい」「デザインはいいけど分かりづらい」
そんな“デザインは“デザインとは言わないと思ってます、、、

想いがしっかりと伝えられる“デザイン”を創ること
しっかりクライアントと生活者(消費者)のパイプ役が出来ること、、、

広告会社もデザイン事務所もたくさんあります
常にデザイナーとの共同作業は真剣勝負、緊張感を伴いますが
とても楽しい作業でもあります(笑)。。。
[PR]
by souei-ad | 2008-07-14 20:23 | 用語 | Comments(0)

コピーライター (08/06/25)

昨日の続きでコピーライターって、、、

言いたいこと、言うべきことを見つけるってけっこう難しいんです
誰もが言葉を使っているわけだから、いい言葉を綴ることは出来る
でも、
コピーは広告主の言いたいことを見つけなければいけないんです
それをふまえた上で文章にリズムと雰囲気を、、、

いい言葉、いいコピーってホント力があると思います。。。
a0087804_21312890.jpg
先日の料理写真、
シェフが変わると同じ食材でもかなり違います。。。

[PR]
by souei-ad | 2008-06-25 21:35 | 用語 | Comments(0)

ティーザー広告 (08/05/14)

混沌とした時代、訴求方法も変わってきてるのか、、、

「ティザー広告」とは商品自体を詳しく紹介せずに
好奇心をあおる広告のことをいいます、、、

昨日の店舗や看板のについてもそんなことを考えているんだろうか
“何なんだろう”と気を引き注目させるのが目的だとしたら
広告の知識を持ってのショップ経営の手法だとしたら、、、
でも、基本的には有名なメーカーが新製品を告知するときに
使う手法なんで、これに当てはまるのかどうか?

広告効果、何が正しくて何が正しく無いのか
よくわからない混沌とした今の時代だけど
伝えることの大切さは大事にしていきたいと思っています、、、

感覚がズレないよう
ちょっと立ち止まって振り返ってみるのもいいかも。。。
a0087804_19564090.jpg
インドカレー屋さんは看板も店もしっかりインドカレー屋さんです、、、
やっぱり第一印象(イメージ)、一目でわかるって大切だと思う。。。

[PR]
by souei-ad | 2008-05-14 20:23 | 用語 | Comments(0)

叩き台 (07/05/15)

広告の仕事でまず“叩き台”をつくることから始まります、、、

朝の打合せで小山さんが「そんな意味もあるんだぁ~」と
感心しておりました
この“叩き台”という言葉はホントに「よくできてるなぁ~」と
思っております。

お客様の提案に、こちらのアイディアを企画・デザイン・原稿で
カタチにしていく“叩き台”をつくることから広告の仕事が
はじまります、
お客様から「じゃぁ~、“叩き台を”つくってきてよ・・・」
とも、言われます。

読んで字のごとく叩いていただくために一所懸命に企画・デザインを
考えます、で、
本当に叩かれてしまいます、、、
まぁ、より良いもの、クオリティの高いものをつくる基礎(土台)
ですからね
企画はつめれば、つめるほどいいと本心から思っております。

同じ台でもいい言葉があるんです、、、“踏み台”。。。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-05-15 19:55 | 用語 | Comments(0)

広告代理店って (07/04/24)

“広告代理店”から“広告会社”へ

ボクらが就職した頃は“広告代理店”と呼んでいましたが、
いつのまにか“広告会社”と混在し、今では“広告会社”が一般的に
なってきています。
(他の業界、旅行代理店・保険代理店などはどうなんでしょうか?)

以前“クライアント”の意味と一緒で、
スポンサーさんに対して単なる御用聞きではないんですよ・・・
という意味が込められているんでしょうかねぇ、、、

「代理」というと運転代行のような「代行業」の意味にも似ています、
ある部署ができる仕事を、代わっておこなう仕事・・・
そんな意味もあるような気がしますが、、、
イチロー、松井、松坂のように選手と大リーグ球団との中に入って
よりよい条件を引き出すための交渉人はエージェント(代理人)?
Agency/Agentと代理店は意味合いが違ってくるんだろうか?
何だか話がややこしくなってきました、、、(笑)

まぁ広告主が自ら行うよりも、
企画力を持ってクオリティの高いものを創りだす頼れる発注先・・・
そんな“広告会社”でありたいと思いますが。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-04-24 19:27 | 用語 | Comments(0)

AE(アカウント・エグゼクティブ)の意味 (07/04/05)

広告業界での営業を意味するアカウント・エグゼクティブ、、、

20代の頃、この言葉を聞いたとき広告業界って難しい言葉を使うんだなぁと
思った記憶があります。
会社でも小山さんも田谷さんも名刺にはこのAEアカウント・エグゼクティブの
肩書きを入れておりますです、はい、、、
アカウントとは勘定の意味で、勘定を預かるお得意様のことなんですねぇ、
AEとはお得意様に広告の提案やアドバイス、
それに進行を管理する営業責任者を意味するセクションのことなんです。

広告の計画段階から提案したり、相談に乗りながら進行していくAEは
仕事とはまったく関係ないことも含めて(これが一番大事なのかも・・・)
お得意様のよきパートナーとなることが望ましいのです。。。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-04-05 18:44 | 用語 | Comments(0)

プレゼンテーションの意味 (07/02/03)

クライアントへの企画案提示、略してプレゼン。

お店で売ってる商品などと違って、広告はこれから作るものなので
どんなものが出来るのかをお客さんに説明し、納得してもらえなければ
発注はしていただけません。
で、広告会社は企画書を作ったり、実物に近いものを制作して
プレゼンをします。
1社対1社のプレゼンであれば通常の商談となんら変わりはないと
思うんですが競合プレゼンの場合は、どんな方法であれ、目立たなくては
勝ち抜けません。
そのため、提出された広告案以上の凝った演出も、しばしば
即興芝居のように演じられることもあるようです。
鉄則は、決定権のあるキーマンを攻めろ、、、
だそうです。(当然内容が認められてのことですが)

プレゼンは労力と費用も伴うので、出来れば相見積程度で
競合してもらえればいいのですが、出来レースでなければ広告会社に
与えられた平等の企画提案と
発注のチャンスととらえるべきなのでしょう、、、
でも、、、落ちたときのショックは計り知れず、凹みます、、、

いろんな広告会社のプレゼンが見れたら楽しんだろうなぁ。。。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-02-04 16:36 | 用語 | Comments(0)

コンセプトの意味 (07/01/26)

“コンセプト”は打合せのなかで、最も多用される言葉の一つです。
その意味となると、ボクもどうやって説明したらいいのか、、、
通常は「概念」と訳されるんですが、よく理解できないですよねぇ

ボクがどんなニュアンスで使っているかといえば「核(本質)」でしょうか、、、
いまちょっと大木くんに“コンセプト”をどう理解してるのか聞いたところ
「テーマ」という答えが返ってきました、、、(現在進行形です)
まぁ同じような意味合いで使っていることは間違いないのかぁ・・・

ちょっと考えて「キモ」かなぁ・・・
で、また大木くんに、友達と話してて「キモ」なんて言葉つかう?(現在進行形)
・・・使うとのこと(今の人たちも使うらしい・・・ホッ!)
ボクは、たとえば音楽のバンド演奏のときに絶対に決めなきゃ行けない大切な
部分を「そこはキモだよねぇ」なんて言ったりしますが・・・
“コンセプト”って「テーマ」「キモ」???(汗)

「商品」を宣伝するわけですから、一番表現したいのは「商品」です
商品のコンセプトにしても広告コンセプトにしても後から探すものではなく
“コンセプト”は商品の企画・開発段階から組み込まれてるもの、、、
実(コンセプト)のない種は育ちませんが、実(コンセプト)がある種は
肥料や水(広告宣伝活動)を絶やすことなく、たいせつに育てていけば
ぐんぐんと大きく成長していくということでしょうか。。。(大汗)
[PR]
by souei-ad | 2007-01-26 19:04 | 用語 | Comments(2)

クライアントの意味 (07/01/18)

“パブリシティの意味”をブログに書いたので引き続き広告用語「その2」
ということで良く使われる“クライアントの意味”について、、、

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など媒体を買うお客さん(企業)のことを
“クライアント”と言いますが、結構この語源は強烈なんです、、、
ほかに“スポンサー”という言葉を使いますが、その言葉は
「スポンサーは神様です」と言うような状態なんです。
いわゆる、お金を出すお客様が優位にたっている言葉なんですねぇ~
それに対して“クライアント”はドイツ語のクランケ(患者)と同じような
意味として使います。つまりお金を出して媒体を買っていただいてる
お客さん(企業)でも、おたくの売上を上げてやるのはわれわれ広告会社
なんですよぉ~と「お客様(企業)は神様です」状態を何とかして変えたい!
願望を込めて広告業界のビジネスに当てはめたものだと、そういった意味で
広告会社の思惑がこめられた言葉だと言うことなんです、、、

ですから“クライアント”は「俺はクライアントだぞぉ~!(怒)」なんて
“クライアント”を名乗りながら酒の席で威張ってはおかしいのです。
(You こんなこと書いちゃって・・・!)

今日は久しぶりに銀座で、お世話になったテレビ局の人と会いました、、、
また一緒に仕事がしたい! そんな気持ちが沸々と・・・。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-01-18 19:40 | 用語 | Comments(5)