2007年 06月 07日 ( 1 )

デジタルでの緊張感 (07/06/07)

昨日、フイルムカメラの現像上がりの緊張感を懐かしみましたが、、、

デジタルは、ボクの場合ほとんどRAW(画像が完成されてないデータ)で
撮影するために、パソコンでの(フイルム同様)現像作業が必要になります。
フイルムの場合、現像は現像所まかせになりますが、
デジタルの場合は、色温度・ホワイトバランス・色補正・等々・・・
自分で確認・調整・補正しながらの現像作業となります、、、
で、
色の関係においては、当然緊張感を持って作業を進めております
撮影・そして現像も自分自身の責任ですし、(大汗)、、、

フイルムの頃と違って、デジタル時代のフォトグラファーは、
撮影するだけでなくパソコンでの色の補正、修正、合成技術のみならず、
あらゆる画像操作のスキルが必要になってきています、、、

別の意味において(対象は違っても)フイルムもデジタルも緊張感はあります、
それは、必要なんでしょうねぇ。。。。。
[PR]
by souei-ad | 2007-06-07 22:07 | カメラ・写真 | Comments(0)